ローンが残っている場合の不動産売却

不動産売却はローンが残っていても行えます

不動産売却はローンが残っていても問題なく行えます。
しかし、住宅ローンや不動産投資ローンでは土地と建物に抵当権を設定していますので、ローンを完済できないと抵当権を抹消することができないという問題が起こります。
基本的には、不動産はローンを完済できる状態でないと売却をすることができません。
これはどういうことかというと、売値がローン残高を上回っていればよいのです。
例えば、住宅ローンの残高が2,500万円であったとして、マイホームが3,000万円で売れたならなにも問題はないでしょう。
買主から振り込まれた3,000万円から2,500万円をローンの返済にあてて、差額の500万円は手元に残すことができます。
もしも2,500万円で売れてしまったとしても、ギリギリですがローンを完済できるので問題はありません。
しかし、不動産会社へ支払う仲介手数料などを差し引くとマイナスになってしまうというケースでは、ローンを完済できないということも起こるかもしれません。
仲介手数料や引っ越し費用などについても考えておきましょう。
ローンを完済できないと原則として抵当権の抹消手続きをすることができません。
抵当権がついたままの物件を欲しがる人は基本的に存在しないので、その場合には売却ができないでしょう。

不動産売却はローンが残っていても行えますオーバーローンとなってしまっている場合住み替えローンの場合

不動産 売却 : 三井のリハウス