ローンが残っている場合の不動産売却

オーバーローンとなってしまっている場合

不動産売却はローンが残っていても行えますオーバーローンとなってしまっている場合住み替えローンの場合

ローンの残高が不動産の価値よりも大きく、売却をしてもローンを完済できないという状況のことをオーバーローンと呼ぶことがあります。
オーバーローンとなってしまっている場合には、そのままローンの返済を続けるしかないでしょう。
どうしてもローンの返済ができないという場合には、そのまま放置していると競売になってしまいます。
住宅ローンを返済できなくなった場合には、そのまま放置をせずに任意売却を検討しましょう。
競売になると相場よりもかなり安く家が売られてしまう可能性があります。
競売とどちらがメリットがあるのかということはケースバイケースですが、基本的には任意売却をしたほうがメリットがあるようです。
引っ越し費用なども手元に残すことができます。
あるいは、住み替えローンを利用するという手もあります。
住み替えローンを利用すれば、前の住宅ローンの残高も上乗せして新しい住宅ローンを組むことが可能です。
最初からオーバーローンとなってしまっているので、月々の返済負担が大きいというデメリットもあります。
当然ですが、家の担保としての価値よりも大きい金額を借りるので、住み替えローンの審査は厳しくなります。