ローンが残っている場合の不動産売却

住み替えローンの場合

不動産売却はローンが残っていても行えますオーバーローンとなってしまっている場合住み替えローンの場合

住み替えローンは生活にかなりの余裕がある人でもなければ審査に通ることは難しいかもしれません。
住宅ローンが残っている場合でも、問題なく家を売ることはできますが、オーバーローンとなってしまっている場合には選択肢が限られてきます。
住宅ローンは金利が低いので急いで繰り上げ返済をする必要はありません。
しかし、最低でもオーバーローンの状態は早い段階で解消しておいたほうがよいでしょう。
頭金を多めに入れたり、積極的に繰り上げ返済をすることでオーバーローンとなるリスクを減らすことができます。
また、不動産をできるだけ高く売るということも大切です。
実力がある業者に依頼をすることで、高く売ってもらえる可能性が上がります。
土地や家の価格には一定の相場というものがありますが、最終的には売主と買主の合意で売値が決まります。
販売力・宣伝力がある業者に依頼をするほど、良い買主とめぐり合える可能性が上がることが期待できます。
複数の業者に査定をしてもらうことが大切ですが、査定の結果は必ずその価格で売れるという金額ではないということにも注意が必要です。
だいたいその価格ならば売れるだろうと専門家が判断をした金額になります。
最終的には総合的な信頼度で決めましょう。